CASESTUDY ケーススタディ
不正競争防止法違反

形態模倣

ご相談例

当社は、タオルや人形付きのタオルハンガー等を藤の籠に詰めてタオルセットとして販売していますが、このほどライバル会社がタオルなどにつけれられている柄が少し異なる商品を箱に入れてタオルセットとして販売していますが、これは当社の商品の模倣品ですので、販売を差し止めることはできないでしょうか。

松本の解説

事情によっては差止は可能です。

過去の判例①

同様の事案で、複数の物品の組合せを「商品の形態」と認めたものがある(タオルセット事件)

(タオルセット事件)小熊の柄のタオルや小熊の人形付きのタオルハンガー等を藤の籠に詰めて販売していたところ、被告が熊の柄等の異なる箱入りのタオルセットを販売していたという事案において、籠とか包装箱に収納された状態で展示され、購入されるとして「商品の形態」に該当するとした例がある(大阪地判平10・9・10)

知的財産訴訟に関するご相談

知財訴訟相談の場合、お話を伺い、状況を整理し、具体的な進め方をご提案させていただくのに、1時間程度は必要です。
ご相談は、事前のお電話もしくはメールフォームによる予約制となっております。
ご安心してご相談いただくために、相続の初回ご相談料は無料一時間までとさせていただいております。
尚、電話でのご相談はご本人確認などの観点からお受けしておりません。

初回ご相談料金 無料(1時間まで。以降は費用がかかります。)